「学者」が好きという人もいれば、嫌いな人もいるはず。どうでもいいと思っている人も。あなたにとって、「トマトジュース」って、どうなんだろう?

まだ冷えてないりんごジュース

HOME

じめじめした金曜の朝に目を閉じて

今日の体育の授業はポートボールだった。
少年は、ボールを使ったスポーツは得意ではないので、不満げに体操服を着ていた。
おそらく今日は、球技の得意なケンイチ君が活躍するのだろう。
今日はおそらく、運動神経バツグンのケンイチ君ばかり注目を集めることになるんだろう。
ということは、少年が大好きなフーコちゃんは、ケンイチ君を見つめることになるのだろう。
少年はため息をつきながら、運動場へ向かった。
でもフーコちゃんは、ケンイチ君ではなく、少年のほうをチラチラ見ていたのを、少年は気がつかなかった。

よく晴れた大安の深夜は焼酎を
自分の子供とのふれあいをとればとるほど、ひとり娘は非常に好感をもってくれる。
生後、1年までは、会社の業務がすごく大わらわで、コミュニケーションをとることが少なかったため、たまたま顔をあわせても近寄ってくれなかった。
親なんだけどとつらい心ざまだったが、会社の仕事がせわしないからと甘んじずに、しきりに、休日にお散歩に連れ歩くようにした、抱っこしても、お風呂でも泣かなくなった。
今日この頃、朝、車に行く時、自分が居なくなることが寂しくて涙を流してくれるのがほほがゆるむ。

無我夢中で体操するあいつと公園の噴水

どんなことでも一つの好きなことを、ひたすら続けている人に拍手を贈りたい。
スポーツでも、手芸でも、どれだけ小さなことでも。
ワンシーズンに一回、学生時代からのメンバーで、いつもの旅館に泊まる!でも良いんじゃないかなと考える。
何でも一つを行うと最終的にはプロまで達することがある。
実は、3歳の時、ピアノと日本舞踊とを習っていたが、続けていればよかったな。
そんな風に実感するのは、空き部屋のの角に祖母にプレゼントされたピアノが眠っているから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、そのうちもう一度練習したいとという理想がある。

熱中して話す家族と季節はずれの雪
お気に入りのミュージシャンはたくさんいるけれど、最近は洋楽ばかり聞いていた。
でも、日本国内の歌手の中から、好きなのがcharaだ。
CHARAはたくさんの曲を世に送り出している。
有名なのは、シャーロットの贈り物、月と甘い涙、罪深く愛してよなどなど。
この国数多くのアーティストが知られているがチャラはcharaは独特の個性がキラリと見える。
この国には、海外でも仕事をするミュージシャンも多くいるが、CHARAも人気が出るような気がする。
あたしなんで抱きしめたいんだろう?「あたしを無人島に持って行って」
こんなフレーズが浮かぶことに尊敬を覚える。
ほとんど作詞作曲も兼ねていて、私の意見としては想像力が豊かでカリスマっぽい才能がある存在だ。
ジュディマリのユキとコラボレーションしてTOP10入りした、「愛の火、3つ、オレンジ」も、心に残っている。
素敵だったから。
誰もが一回、思う、思われたい感じの事を、工夫して短文で表現している。
キャッチフレーズコンテストなんかに入賞されそうだ。

どんよりした大安の夕暮れはお菓子作り

明日香は、学校で一番に心を開いた仲間だ。
彼女のプラスポイントは、人を否定しなくて、小さなことは、気にもしていないところ。
私の方から、今日から友達になろうと話かけたそうだが、たしかに、そんな気がする。
一緒にいると、すべて小さくなるので、とってもほっとする。
引き締まっていて華奢なのに、夜、おなかがすいてハンバーグを食べに車を走らせたりするという。

ノリノリで跳ねるあなたと濡れたTシャツ
何故か今頃任天堂DSに夢中になっている。
最初は、DS英単語に英語漬けや英語のゲームソフトを買っていたのみだった。
しかし、ベスト電器でソフトを見ていたら、英語関係以外も目移りしてしまい、いつも欲しくなってしまう。
友コレやクロスワード、桃太郎電鉄とか。
変わり種で、旅の指さし会話帳も出ている。
例えば、移動中などのちょっとした空き時間には有効活用できそうだ。

ゆったりと跳ねる兄さんと私

働き始めて間もないころ、無知なこともあって、ちょっとしたトラブルをもたらしてしまった。
心配しなくていいと話してくれたお客さんだが、感じの良い訂正の方法も考え出せず、涙が出てきた。
お客さんの一人が、エクセルシオールのカフェオレをあげる、と言いながらくれた。
ミスで2個も注文しちゃったんだよね、と言いながら違う種類のドリンクを手に2つ。
高身長で、痩せててすっごく優しい顔つきをした良いお客さん。
悪かったな、と思い出す。

風の無い祝日の明け方に友人と
台湾人のビビアン・スーは、美人で賢い女性だ。
すでに30代の後半なんて、全然思えない。
昔の話だけれど、今でも覚えているのが、ビビアン・スーが、英語のインタビューに返答していたところ。
ちょうど学んでいる所のようだったけれど非常に一生懸命だった。
今となっては英語だけでなく日本語も、すでにペラペラなんだろうなーと思う。
ビビアンの素晴らしさは計り知れないくらいだ。

自信を持ってダンスするあなたと飛行機雲

ビールなど、酒のおともに、ローカロリーで健康に良い物を!と考えている。
しばらくの酒の友はトマト。
もっと前はさんま。
で、近頃は、明太子だけれど、高いので断念。
今日、新しいメニューを考案した。
だいたい80円くらいのエリンギ。
小さく切って、マーガリンで炒めて、味の素と醤油を少々ふりかけて整えたもの。
とても価格はリーズナブルだし、KCALも低い気がしませんか。

息もつかさず熱弁する先生と私
怖い物はたくさんあるけれど、海が一番怖い。
しかも、グアムやハワイなんかの水色の海ではない。
もっと上を行くのが、しまなみ海峡などの黒々とした海だ。
つい、水平線に囲まれている・・・なんて状態を想像して怖くなってしまう。
それが味わいたかったら、オープンウォーターという映画がオススメ。
ダイビングで海に取り残された夫婦の、会話のみでストーリーが終盤に近づく。
とりあえず、私にとって恐ろしいストーリーだ。
もしかすると起こり得るストーリーなので、感情移入はたっぷり味わえる。

サイト内メニュー