あなたが思っている「おむすび」と、一般的に考えている「麦茶」は、もしかすると全く違ってるかもしれない。そうやって考えてみると、ちょっぴり変な感じがする。

まだ冷えてないりんごジュース

HOME

そよ風の吹く月曜の朝にひっそりと

とある夏の昼前。
少年は空き地で、アリの行列が虫の死体をせっせと運ぶところをじっくり見ていた。
蟻たちはがんばって動き回っているのだが、虫の死骸一つでこんなにも大勢のアリがいても、意味が無いんじゃないのかと、少年は不思議に思った。
少年は、蟻たちに砂をかけたらどうなるだろう、という好奇心に駆られた。
でも、今回はただただ観察し続けることにした。
暑い夏の日なので、少年の汗は顔中からあふれ、雫となってアリの行列のそばに落ちた。

自信を持って歌うあなたと読みかけの本
ちょっと前、番組で、マクドナルドのチキンナゲットの食感をまねしたレシピというふうに流していた。
大変似ていると考えて、妻にしてもらったが、マックのチキンナゲットの食感では絶対にないけれどうまかったですね。
周りがちょっと違ったのだけれど、中身は、同じチキンなので、自分くらいの味覚ぐらいではちょびっとの違いはわからなくてめっちゃおいしかったです。

前のめりで泳ぐ彼女と月夜

わたしは、アレルギーで、ファンデは当然使ってはいけないし、化粧水も限られている。
従って、フルーツや栄養剤のパワーにお任せになっているが、近頃口にしているのが粉ゼラチンだ。
ジュースに溶かして、しばらく愛飲しているけれど、多少は肌が艶やかになった。
なんと、飲み始めてから効果が出るまで、即効性があったので、感動した。

息もつかさず泳ぐ姉ちゃんと季節はずれの雪
物語を読むことは大好きなことの一つだけど全ての本に関して好きなはずはない。
江國香織の小説にとても魅力を感じる。
もう何年も同じ本を読んでいる状態だ。
ヒロインの梨果は、8年同棲した恋人の健吾に別れを告げられてしまうが、そのきっかけの華子と一緒に暮らすようになるという奇抜な内容だ。
とにかくラストは衝撃的で、大胆な形だがそれを知ったうえで内容を思い出すと「確かに、そうなるかもしれないな」と思わされる。
そして、とにかく江國香織はワード選びや登場させるミュージシャンや、物など、魅力を感じる。
ミリンダ一つにしても、かならず読み手が飲みたくなるよう書かれているし、べリンダ・カーライルや古内東子といった音楽が出れば同じようにCDをかけてしまう。
言葉の選択の方法が優秀である。
そして、悲しい美しさだと思った、という言葉がどこで生み出されるのだろう。
こういった文章に魅力を感じて、深夜に何回も同じ江國香織の本を読んでしまう。
好きな本との夜の時間が夜更かしの原因なんだと思う。

騒がしく熱弁する友人と俺

プレゼントとして友達に貰った香りは、フローラル系の香水。
私に似合うボトルを頭に置いてチョイスしてくれた物で、ちっちゃい瓶でリボンがついているのがお洒落。
匂いの雰囲気もボトルも大きくいっても派手とは言い難い香水だ。
ストアにはたくさんの商品が置いてあったけれど、目立たない場所に置いてあったもの。
容量は本当に小さい。
小さくてシンプルでお気に入りだ。
外出するときだけでなく、出張の時も手提げに、家での仕事のときも机に置いている。
そのことから、カバンは、どれも同じ匂い。
だいたいいつでもつけているため、そうでないとき「今日あの香りしないね」と言われる場合もたまに。
お店で色々な香りを試すのも好きだけど、この香水が今までで一番気に入っている香りだ。

よく晴れた水曜の夕方は窓から
実行させたら、満足させるまで多くの時間を要するものが、身の回りにたくさんある。
すぐにあげられるのが、外国語の習得だろう。
しかし、韓国語は例外ともいえるようで、私たちが話す日本語と同じく、SVOで、しかも日本語と同じ音が多いので、習得がわりと容易だそうだ。
韓国語を勉強していた友人によると、英語を勉強するよりわりと習得しやすいのでお勧めとの事。
ちょっとだけ憧れたけれどやっぱりハングルは記号にしか見えない。

無我夢中で叫ぶ彼とオレ

夏休みでイベントが大変増え、此の程、夜更けにも人の通行、車の通行が非常に多い。
かたいなかの奥まった場所なので、平素は、夜分、人通りも車の往来もそれほどないが、花火大会や灯ろう流しなどがされていて、人通りや車の通行がとっても多い。
いつもの静寂な夜間が妨害されていささかさわがしいことがうざいが、通常、エネルギーがわずかな田舎が元気があるようにうつるのもまあいいのではないか。
隣近所は、街灯も無く、真っ暗なのだが、人の通行、車の通りがあって、活気があると陽気に感じる。

どしゃ降りの月曜の日没はビールを
離れた本家に住んでいるお母さんも孫用だといって、非常に多く手作りのものを作成して送ってくれている。
キティーちゃんが非常に好みだと伝えたら、言った布で、作ってくれたが、布の思ったよりすごく高くてきっきょうしていた。
縫物の為の生地は縦、横、上下の方向があるので面倒だそうだ。
なのに、しかし、たっぷり、作成してくれて、届けてくれた。
孫は非常に愛らしいのだろう。

息絶え絶えで跳ねる母さんと気の抜けたコーラ

去年の夏、クーラーの効いた部屋の中で冷えた飲み物ばかり摂取していた。
私はしょっちゅう熱中症にかかっていたので、水分摂取が大事だと思いついたから。
冷えた部屋の中で、キャミその上レモンティーにアイスコーヒーで涼しさを求めた。
だから、順調だと実感していた猛暑対策。
夏が終わり、やってきた冬の時期、前年度よりもかなり冷えを感じることが多かった。
部屋の外で行う仕事が増えたこともあるが、寒くて買い物にすら出れないという事態。
なので、たぶん、夏の生活は冬の冷え性対策にもつながると考えられる。
必要な栄養を摂取し、偏りの少ない過ごし方をするのが懸命だと思う。

気分良く叫ぶあの人と観光地
ここ最近、フィクションを読みふけることは少なくなったが、3年ほど前に水滸伝の北方謙三版に夢中になっていた。
別な水滸伝を軽く見た時は、おもしろく感じることがなく、はまらなかったが、水滸伝の北方謙三版を読みあさったときは、夢中になり、読むのが止まらなかった。
会社の仕事の昼休憩や帰ってからの食事中、お風呂でも読んで、1日一冊ずつ読みとおしていた。
キャラクターが血が通っていて、男らしい登場キャラクターがすごく多人数で、そういったところに心を奪われていた。

関連サイト・お役立ちサイトの紹介

関連サイト・お役立ちサイトの紹介


引っ越し業者 格安 料金
格安の引越し業者の探し方、それは無料の一括見積比較。単身もファミリーも対応の引越業者で、最安値の業者さんはドコ?